読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドオブサイレンス

メロディ・フェアの一生

買って手元に置きたいと感じる本

買って手元に置きたいと感じる本。今後出版予定が無い本はもう一度買いたくても手に入らない可能性があるし、私の性格からすると、自分の手元から離れても買ってしまいそうです。

部屋の片隅で、本があっという間に積み重なっていきます。見ると、興味を追及するための本や必要な知識を補うための分野の本、本屋のコーナーのおススメ本がほとんどです。

買った本を読んだ後は、頭に記録できたもの、身についたもの、先々のために何度も確認したり、本棚から出す機会が多いと予測できる本は手放しません。
幼いころに読んでもらった覚えのある本を大人になってからやっと見つけて、再び手元におけるようになった「それ」は宝物扱いです。宝物の本を少しずつ増やすこと、こういうのがなかなか幸せだったりします。



紙データがデジタルデータにとって代わり、本もなかなか売れないらしく特に専門書系の本は絶版になることが多いようですが、手にした時から縁を感じる本は長く置いておきたいと思うものです。