読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サウンドオブサイレンス

メロディ・フェアの一生

ラストまでいきたくて終われない

ラストまでいきたくて終われない。ゲーム時間を読書時間に変更して本を読む時間に変更しようと思い、数冊を区の図書館から借りてきたけど、ゲームの切りが悪くて最終の所のラストミッションをクリアしたくて、本を読んでない事にちょっと心を痛めつつ、でもゲームをするとかほんと病気。ゲームからしばらく離れるために、案として、今しているのを最後まで終わらせたら、暫くやめる!そうと決まれば、子供にもそう伝えてなおかつゲームに集中することにした。ゲームにはまるとかいう年齢でもなく、子供の親だったりするのに、子供みたいにゲームに熱中するなんて!自分でも嫌な親だなぁとは思うし、子供にもお母さんだってゲームやってるじゃんと反論されても、私はするべきことをやってるんだからいいの。

と苦しい言い訳。最近スマホ専用のゲームばっかりしてる。DSにはまっている子供達にはゲームの時間、長いよ?って水を差しておいて、自分もしてる。ゲーム時間を本を読むほうがゲームから離れられるって理屈では理解しているけれど、ついついやりたくなるゲームって怖いなぁ。大人がこれだけはまるんだから、子供のゲームのやりすぎはそりゃ良くないわけだ。